CAM WORKS

1.CAMWorksは、64ビット対応していますか?

CAMWorks 2011 は、64ビットに正式対応しています。
サポートされるOSはXP・Vista・7の64ビットに対応します。
32ビット対応のSolidWorksの場合はCAMWorksの32ビット対応版、64ビット対応のSolidWorksの場合はCAMWorksの64ビット対応版をインストールすることが可能です。

もし、ドングルをお使いでしたら64ビットのドライバーをインストールし、現在のセンチネルドライバをアップデートして下さい。 詳細はこちらをご覧下さい。

2.CAMWorksは、Windows 7に対応していますか?

CAMWorks2011は、Windows 7に正式対応しています。(Professional・Ultimate・Enterpriseエディションに対応)

CAMWorks2011では、現在のWindows XP・Vista・7に対応いたしますが、SolidWorks2013からは対応OSがWindows 7のみになりますので、CAMWorksも同様にWindows 7のみの対応なります。

3.CAMWorksを使うためには、フルバージョンのSolidWorksが必要ですか?

いいえ、必要ありません。購入費用に合わせて、CAMWorksとCAMWorks Solidが含まれているパッケージでもCAMWorksが動く最小限のSolidWorksのバージョンを購入することもできます。

詳しくは、弊社営業(E-Mail:info@dfm.co.jp )にお問い合わせ下さい。

4.CAMWorksの最新リリースは何ですか?

CAMWorks 2011が現在のリリースです。 2012については現在日本語版にて動作機能確認中です。

機能確認終了後、リリースさせていただきます。

5.どのメーカーのビデオカードがサポートされますか?

CAMWorksは、SolidWorks環境の中で動作します。 動作環境も基本的にSolidWorksと同じになります。

詳細はこちらでご確認ください。

6.違うバージョンのCAMWorksを動作することはできますか?

はい。新規インストールCAMWorks 2011はインストールされますので、
違うバージョンを動作する場合は、SolidWorksの「Add-in manager」を使ってバージョンを切り替えます。
最適な方法は以下の手順です。

1. 現在開いている全てのモデルを閉じてください 。

2. 「Add-in manager」を選び、終了したいバージョンを無効にし、開始したいバージョンを有効にして「OK」をクリックしてください。

3. 再度、モデルを開いてください。

7.CAMWorks 2011で保存したファイルを以前のバージョンで開くことはできますか?

CAMWorks 2011の新しい機能や進歩した技術が追加されている場合、2011のファイル内のCAMWorksのデータは、以前のバージョンで再び保存することはできません。 2011を動作する前に、以前のバージョンで作ったいくつかのパートやアセンブリファイルは、バックアップを取っておくことをお勧めします。

現在CAMWorks®の旧バージョンを実行していて、CAMWorks2007 SP0 を実行する場合

●CAMWorksのライセンスファイルはCAMWorks2007用に発行されたライセンス、もしくは2006年7月1日以降に発行されたライセンスでなければいけません。そうでない場合は、インストールを実行する前に代理店に連絡を取ってライセンスを更新しなければなりません。



●Windows XP 64ビットバージョンで使用する場合は、次ページの「Windows XPの64ビットのバージョン上でCAMWorks 2007を実行する」を参照してください。



●ハードウェアロック(ドングル)を使用している場合、センチネルドライバーのバージョン7.3.0ダウンロードしてインストールする必要があります。



●ソフトウェアライセンスにCrypkey(FlexLMに切り替わる前のライセンス)を使用している場合、CAMWorks 2007 SP0は動作するでしょう。



●現行のFlexLMソフトウェアライセンスを使用している場合、FlexLMライセンスマネージャセクションで説明されている通り、FlexLMソフトウェアライセンスを更新する必要があります。

FlexLMライセンスマネージャについて

重要!!

現在FlexLMライセンスを使用していて、CAMWorksの旧バージョンを実行している場合、CAMWorks2007 SP0実行するために下記を行う必要があります。


CAMWorks2006EX SP2を使用している場合

CAMWorks 2006EX SP2を実行している場合は、CAMWorks 2006EX SP3にアップデートして、次に、新しいFlexLMライセンス・マネージャーと、新しいライセンス・ファイルを要求してください。


CAMWorks2006EX SP3もしくはCAMWorks2007を使用している場合

CAMWorks2006EX SP3もしくはCAMWorks2007のベータ版・プレリリース版を実行している場合は、FlexLMライセンス・マネージャーをインストールして、ライセンス・ファイル(ネットワーク・スローティング・ライセンスの追加の指示はライセンス・マネージャー・オンラインヘルプにあります)を再選択してください。新しいライセンス・ファイルを要求する必要はありません。

Windows XPの64ビットのバージョン上でCAMWorks 2007を実行する 場合

SolidWorksの必要条件

SolidWorks 2007-32ビットのバージョン(64ビットバージョンではありません)

CAMWorksのライセンス必要条件


>>ソフトウェアライセンスを使用している場合

FlexLMライセンス・マネージャーをダウンロードし使用しなければなりません。以前のCrypkeyを使用したソフトウェアライセンスはWindows XP 64ビットをサポートしていません。


>>ハードウェアロック(ドングル)を使用している場合

センチネルドライバーを更新する必要があります。

1.現在センチネルドライバーがインストールされている場合は、ドライバーをアンインストールしてください。

2.64ビット用のドライバーをインストールしてください。(センチネルVer.7.2.2)

3.センチネルドライバーをインストールしてください。(センチネルVer.7.3.0)


注:CAMWorksがハードウェアロック(ドングル)を認識するためには、上に示される順にドライバーをインストールしなければなりません。

DFM Professional

1.DFMProの技術は何ですか?

DFMProとは、皆さんがよくご存知の一般的な「Design for Manufacturability(製造しやすい設計)」です。
DFMProの技術は、製造性検証のアップストリームや設計エリア固有の「難しいさ」、「費用がかかる」、「不可能な加工」を容易にするために、Geometoric社が開発した設計者のフレームワークのための革新的な技術です。

何年にも及ぶ、製造業の専門家によるてこ入れ。DFMProは、製造業プロセスが直面している現在の問題の中で設計者へのアドバイス、ヘルプに携わります。

2.DFMProとは何ですか?

DFMProは、DFMProフレームワークを使って開発された製品です。
現在、DFMProは、SolidWorksのCADシステムにアドオンされ使用可能となっています。
DFMProは、「より早く」、「コストの削減」、さらに「プロダクト環境の最適化」、同様に、かつて可能であったとされるもっとも徹底した設計の手戻りを使用するよりも、さらに大きい徹底したプロダクトの製造性試験を行なうことができます。 また、完全なSolidWorks®との一体化は、彼らのSolidWorksセッションから設計者が直接デザインチェックや解析を行なうことを可能にします。
DFMProは、設計者達が製造ルールの仮構築に伴って、今後の知識を習慣で構成するような高度な環境を提供します。
ルールに関連した製造性に基づき、シンプルで正確、堅固なデザイン解析を提供しています。 DFMProは、つまり設計者達に優れたモデルを構築するための確信と能力を与えることによってプロダクトをよりよくリードするのです。

設計者達は、彼らが製造プロセスにおいて費用のかかる間違いが通過されないという知識において安全であり、導入が自由になります。

3.DFMProにはどんなベネフィットがありますか?

標準的な組織フォローや維持は、彼らのベストな製造演習に基づくデザインレビューチェックリストセット自体です。
チェックリストに対して、マニュアルデザインレビュー処理は、時折エラーを導く厄介なタスクです。
DFMProは、レビュー処理の間、エラーのない結果ルートを提供します。

■ DFMProが提供するベネフィット

- 製品の問題または、製造の非効率を早期に予測、予防します
- ベストな設計とプロダクトの品質の革新をアシストします
- 共通のプロダクトデザインと工程を容易にします

-  バックトラッキングと繰り返しの設計の削減によるリードタイムの現象

4.プラットフォーム要件を教えてください。

DFMProは、Microsoft Windows® XPもしくはそれ以上のオペレーションシステムで動作します。
SolidWorks 2007、またはSolidWorks 2008も同様に必須要件です。

注)これらはSolidWorks 2008からの特殊な技術を使用するルールがいくつかありますので、

2007の動作中には利用可能でない場合があります。

5.DFMProによってどのライセンスモデルがサポートされますか?

DFMProはノードロックライセンス、フローティングライセンス供に利用可能です。

詳細ついてはお気軽にお問い合わせください。

6.DFMProによってサポートされる特別なルールは何ですか?

DFMProの初期バーションは、製造工程フローに関するルールをサポートします。

- ミリング
- 旋盤とミル-旋盤
- シートメタル製造
- トレランス関連(トレランスルール関連のためのSolidWorks SWIFTを使用)*
- 一般的なルール (材料のようなパーツ属性に関連するうルール)

* - SolidWorks 2008 でのみ有効

7.私の演習に適用する特別なルールを選ぶことができますか?

はい。DFMProのルールは、お客様の演習セットに基づく為、ユーザ間で変わってきます。
この状況の場合、DFMProルールマネージャーアプリケーション上で、関連するものだけを選択、

権限を与えることにより、選ばれたチェックだけを動作する設定をすることができます。

8.DFMProを動作している時に、100%ミスのない設計を確信することができますか?

現在の答えは、”NO”でしょう。
なぜならツールが、現存するアルゴリズムによってカバーされなかった例外ケースの中の
レポート下、またはレポート上かもしれないからです。
その上、DFMProは常に完全なパーツのジオメトリックを解析することはできないでしょう。

しかし、そのモデルの範囲についてユーザに情報を与えることができます。

9.DFMProを動作している間、「真のエラーではない」とレポートされたエラーに対して何をすべきでしょうか?

いくつかのエラーが文脈特有である可能性があるからかもしれません。
確かな文脈のi.e.、いくつかのルールのバイオレーションは、エラーとして扱う必要はありません。

DFMProは、バイオレーションが起こった場合、それを度外視することによって無効にするオプションをユーザに与えます。 パラメーターがそのようなルールを正しいと構成したり、頻繁に度外視する必要があり、いくつかのルールに 修正が必要な場合、 それはまたチェックするよい演習になるでしょう。

10.DFMProが複雑なパーツ上で動作している時、かなりの時間が費やされます。 レスポンス時間を改善する何かよい方法はありますか?

DFMProは、多様なバイオレーションルールを見つけるために徹底したジオメトリック解析を必要とします。
このプロセスは複雑なパーツにおいて非常に時間がかかる場合があります。
ユーザは、四六時中動いている全てのルールの代わりに、DFMProルールマネージャーを通して

構成変更するによって、実行するルールを選択し、時間の削減にトライすることができます。

DFMPro Enterprise

1.DFMPro Enterpriseのソリューションは何ですか?

DFMProプロダクトは、スタンダードなオペレーション手順全体の中へ一般的に続いているベストな演習を整理して終わらせる 組織をアシストすることができます。
しかし、それは彼ら独自の経験や履歴に基づいて確定したベストな演習に関与するソリューションを追求するビジネスでは全く一般的なことです。 DFMPro Enterpriseのソリューションは、組織のニーズごとにカスタムソリューションを開発するための、Geometric社からのDFMProフレームワーク技術のライセンス供与です。

通常は、DFMProプロダクトを使って、途切れなく実行することができる組織のベストな演習に基づき、 新しい所有者を開発することによって行なわれます。

2.DFMPro Enterpriseを使うことによって、何を全てカスタマイズすることができますか?

DFMPro Enterpriseフレームワークは、以下のようなあなたの特別要件に適合するために、DFMProをカスタマイズすることができます。

- 新しいプログラムルールを使うことによって、DFMProまたは積算する他の独自の解析エンジンによって現存する
   解析エンジンが提供されます。

- 現存もしくは新しいルールのパラメーター情報の要求を取得するために組織の中にある現存するデータベースや
   プロダクトデータマネージメントシステム(PDM)と接続します。

- 要件に適合するために不十分な現存のロジックを見つけた場合、現存するルールを再実行します。

- お客様自身のGUIとルールのためのパラメーター構造を作成します。

- 現在のスタンダードなDFMProプロダクトによってサポートされないカーネルや他のCADシステムに取り組む技術を
   作成します。

また、DFMProフレームワーク技術を使用することによって他の要件のバラエティーを満たすことができます。

お気軽にお客様の要件詳細をお知らせください。

3.Geometric社は私の組織のためのカスタムソリューションを作成するのをヘルプすることができますか?

はい。お客様の組織独自のカスタムソリューションを作成するサービスを喜んで提供いたします。

Geometric社の開発力と強い影響力は、アップフロントで完全にカスタムであるデザインチェックを最もよく演習し、 途切れることなくenterpriseの作業環境と統合されたこれらの自動化を容易にします。

4.DFMPro Enterprise単独ライセンスが必要ですか?

DFMPro Enterpriseのライセンスが必要なく、DFMProのスタンダード製品だけを使うプランであれば、デフォルトルールは提供されます。 しかし、DFMProプロダクト(上記で説明したような)のいくつかの独自のカスタマイズの種類が必要であるなら、その際は、DFMProプロダクトライセンスから単独のDFMPro Enterpriseライセンスが必要となります。

お客様の連絡先を提供ください。 DFMPro Enterpriseのライセンスに関して要求された詳細をこちらから連絡させていただきます。