Home CAMWorks 製品詳細 ワイヤEDM

Wire EDM

~ 3次元モデルを利用したワイヤEDM用ツールパスの作成が行えます ~

CAMWorks WireEDMは輪郭、テーパー加工、コアレス、上下異形状を装備。 スキムカット時の反転加工や、切り残し加工に対応し多数個取りも簡単に定義できます。

2軸ワイヤEDMはCAMWorks の2軸ミル加工と同様に自動フィーチャ認識機能(AFR)を装備し、形状定義に関する負荷の軽減を実現。

ファーストカット、セカンドカットなどの各カットを考慮した放電条件をライブラリから呼び出すことができます。 シミュレーションでは切り落ちる中子を消去しカット形状を確認することもできます。


輪郭加工

ダイ形状はもちろん、オープン形状も自動フィーチャで認識。 対話式定義では手動でフィーチャを作成することもできます。 アプローチ位置やスタートポイント指定・スタート穴径も自由に設定できます。

w-thum01.jpg

テーパー加工

ダイ・パンチ形状の全周同一テーパーは自動フィーチャで認識可能。 輪郭加工と同様の操作が行えます。

w-thum02.jpg

コアレス加工

中子を残さないポケット加工するツールパスを作成することが可能。 ツールパスは、指定されたフィーチャ内のすべてのワークが除去されるように外側に向かって螺旋状に作成されます。 スタートポイント指定・スタート穴径も指定できます。 コアレス加工と同時にコーナー逃げを指定することも可能で、最外周加工時にコーナー逃げの処理を行います。

w-thum03.jpg

コーナー逃げ加工

内コーナー部のコーナー逃げを図から選択するだけでコーナー逃げのツールパスを作成することができます。 外コーナー逃げを行うことでコーナーダレ(太鼓形状)を起こす事を防ぎ、精度のよい製品を作成することができます。
コーナー逃げを挿入するコーナーの角度指定や逃げの大きさも指定できます。

w-thum04.jpg
w-thum05.jpg

切り歯加工

順送金型等で行う切り歯加工等も1つの加工フィーチャで対応できます。 フィーチャは2軸ストレートフィーチャを定義するだけで、切り歯のついた加工が行えます。 ストレート部も上面・下面のどちらに付けるか選択できます。 ファーストカットでテーパー加工を行い、セカンドカット以降でストレート部の加工を行います。

w-thum06.jpg